Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

【月間オガ子マガジン】ラビリンスに行くオガ子

いらっしゃいませ
プリーストカフェにようこそ

今日は月間オガ子マガジンの発売日なので
お店に置いておきましたので
良かったらご覧くださいね

最近Twitterでオーガ♂♀
写真アイコンをみると
気になって見て「いいね」してしまう店主

今日もプリーストカフェオープンです





■ 不定期連載 月オガ 新シリーズ!


『オガ子探偵Nei』
※新シリーズでいきなり不定期とか©︎ジワる



■ プロローグ


大きな街の探偵事務所で働いていたわたしは
日々の数字と競争に疲れ
せっかく続けてきた事務所をあっさり辞めた

そして心の闇を再び封印するために
田舎町フラワーに引っ越してきた

大きな街での経験を生かそうと
そこで小さいながらも事務所を構えて半月

捨て猫を籠に入れるだけのような仕事や
4万Gの討伐をこなすだけの毎日
そんな「なんでも屋稼業」を
かっこよく探偵なんて呼んでいる

こんな田舎町には大きな事件なんてなく
3/20にあった世の大きな変革の話題とは縁もなく
牧師や白い箱の話8世代も前の装備の話など
どーでもいい話ばかり

でもそんな毎日がどこか心地よく
退屈な日々であったとしても
生きてる喜びを感じることのできることに
感謝する日々を過ごしていた



■ Part1:屈強なオーガ男性


この辺りの雰囲気に似つかわしくない
立派な馬車が店の前に停車した

何事かとわたしが気になって事務所の外に出ると
馬車の観音開きのドアがゆっくりと開き
中から屈強なオーガ男性が降りてきた

その身体はよく鍛え上げられており
シルエットが綺麗な
スリーピースのスーツを身にまとっていた

そしてこう言った

セルシオ
「ここがネイ探偵事務所だろうか?」

ネイ
「イグザクトリー(はい)
わたしが所長のネイです」

※わたししか居ないのはナイショ


セルシオ
「おお!よかった!
是非とも我が主
グリーン夫人の
相談に乗って欲しい

…奥様!
どうやらこちらのようです」

そう言いながら
男は馬車の方に向かって声をかけた





■ Part2:グリーン夫人の依頼

グリーン夫人
「ネイさん。はじめまして」


依頼人はお金持ちそうだった
もう最新のソポス装備の最大値を
センスの良いオートクチュールで身を包んでいる
歩き方ひとつ取ってもわかる
平民には簡単には習得できない品格…
ハイオーガならではの美貌と妖艶さ
後妻業なのかと疑う自分が卑しい…


グリーン夫妻は挨拶の後
開口一番こう言った

グリーン夫人
「わたしの呪いを解いて頂きたいの」

■ 依頼内容

悪い占い師にお金を貢ぐ様に呪いをかけられ
その呪いを解く為の置物が
家の奥深くにしまわれてしまった

オルフェアの占い師の言う通り
自宅の増改築を繰り返すうちに
自分の家がどうなっているのか
わからなくなったとの事だった

その置物を見つけて
グリーン夫人にかけられた呪いを解いてほしい


ネイ
「でもどうして
こんな田舎の探偵にご依頼を?」




グリーン夫人
「あなたが探偵のふりをしている僧侶だからよ
エクソシストとしての顔を知らないと思って?」


ネイ
「…GOOD!やってみましょう」





■ Part3:屋敷に向かう



「ここが奇怪な屋敷がある街ね」

そこは呪いとは縁のなさそうな
綺麗な街だった



■ Part4:屋敷に到着

「えっと…
オルフェア住宅地
トゥーンタウン
202丁目ー1番地
間違いないわ
ウィンチェスターハウスも驚くという
ミステリーハウスがここね
とにかく入ってみましょう」







■ Part5:庭がすでに迷宮


簡単に建物にすら入れないぐらいの壁だらけの庭
来るものを阻むのか
出るものを阻むのか
何か狂気を感じつつ
何もない庭にポツンと金ポストだけ置いてあった
狂気の博士の研究所を思い出す


■ Part6:1階


本当に迷宮のよう
狭く入り組んだ道しかなく
部屋が全くない
迷路のようだ
※迷路です


休憩を挟む
狭い部屋を移動すると
目が疲れます
少し移動したらお茶を飲みながら休憩
複雑に入り組んでいる

ブーツではなく
スニーカーで来たら良かったと後悔



■ Part7:照明魔法を思い出す



そういえば、明るくできるなと
しぐさをして明るくして
照明代わりにすることにした


「レミーラ!」

※すごい!「ドラクエ 魔法 あかり」でググったらでてきた


ティータイムは大事
あわてない、あわてない、一休み、一休み
仏教的にには、
煩悩ない、煩悩ない、解脱せよ、解脱せよ

天才かと思った(2回目

スーパースターだけでプレイするスタイルが素敵
組んだら、僧侶とスパスタ
試練ですら苦労しそうだ




■ Part8:2階にたどり着く


どんどん妖気が高まってくる
ゼルメアでは下に行くほどHPが下がるけど
ここは上に行くほどリアルMPが減ってきた


このまま引き返した方が良いのか
真剣に悩む…
閉所恐怖症の方は大変かもしれない
CTスキャンを撮る機械にも乗れないらしい
わたしもこのところ対人恐怖症気味…


つい先日
外野からいきなり会心の一撃をくらい
即死したからだ

そんな人達は
自らの非を認めず
何もなかったかの様に
普通に日常を過ごしている

因果応報がきっと口を開けて待っている

わたしの中の闇が
この妖気に当てられて深まってくるようだ

いけない闇落ちしてる場合ではない
それぐらいここは孤独になれる

朝3時という時間がそうさせるのかもしれない





■ Part9:暖炉の前で


gif暖炉パチパチしすぎ

なぜかある暖炉に向かい
物思いにふける

この1ヶ月色々あったなと…
白箱だけがお友達でもいいのかもしれない
集団には向いておらず
承認欲求も強いと揶揄されても
お互い何も知らないのにね

…気をぬくと
にとりこまれそうになるラビリンス
ここの敵は自分自身なのかもしれない…

この胸のねじれた様な想いを
見ず知らずの誰かにしてはならない

そう誓い
最後のフロア3階を目指すことにした



■ Part10:エクソシストのパッシブ能力


※どちらかというと占いの16ptスキル

王家やゼルメアの様に
ここに魂を鎖で繋がれた方の姿がみえる
エクソシストの能力だけど
見て驚くことも最近はないかと思ってたけど
この雰囲気の中見ると
やはり驚く

※メラゴーストお前はなんだ?


■ Part11:3階が真の闘い


とにかく狭い
この雰囲気の中
流石に増築を繰り返された
ミステリーハウス
一番迷った…

ティータイムの余裕すらなくなる



■ Part12:MP的に最後の照明魔法


心細くなってきた


突然の突風



あ…消えちゃった





…15分経過





■ Part13:聖櫃を見つけた


これが!聖櫃!
グリーン夫人の何がが封印されてるのね



美味しそうにみえる…
30人もの魂が入っていた


チリンチリン〜


■ ミッション達成!


gif

これでグリーン夫人にかけられた
呪いは解けたはず


YOU WIN!
※何にとか言わない



■ 帰り道

来る時 あれだけあった壁や
精霊や風は ありゃしない
コンシェルジュさえ消えている

ゆけゆけpriest cafe店主 ゆけゆけ・・・
どんとゆけ‼︎


※きちんと壁抜けせず帰りました
一階の出口がわかりませんでした





■ BPPっすね!(このDAIGOじゃねー


※gif

Ueeeeeeehh・・・

バファリンプリーズ
画面酔いには気をつけましょう

B=バファリン
P=プレミアム
P=プリーズ


■ 御礼


ハウジング紹介記事でした
こういうハウジングをされて
多くの方に楽しんでもらうなんて
ですよね

とても楽しかったです


ヌンチャクさま
楽しいハウジングありがとうございました





素敵なハウジングに
ストーリーをつけるのがマイブームです

素敵ハウジングあれば
教えてくださいね

お手紙スラチャはこちらから

↘️↘️↘️

■ priest cafeのお店の場所 ■

オルフェア住宅地
フラワーガーデン地区
9966丁目5番地です

Priest Cafeのページは
株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております
当該画像の転載・配布は禁止致します
(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.