Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

RPGらしく?酒場で待ち合わせて…

いらっしゃいませ
priest cafeにようこそ🤗

オーバーロードソードアートオンライン
酒場で冒険者が集まってからはじまる冒険!

わたしもやってみたいなと
『RPG酒場ごっこ』をしました
※このお話の他のパーティメンバーは
ーーわたしがこんな事してたと知りません😂



priest cafe妄想オープンです


■ 序章:うさぎ族集会で諜報活動



うさぎの被り物を着て
ある集会に潜入したわたし

ん?見た目が暑苦しい?
この世界の夏は暑くない…
水着を着てもパーカーを着ても
暑さという概念はないみたい

寒いというのはあるのかもしれない
オーガは寒さに強いらしけど
わたしもラギ雪原でオーガ種族服でも
寒さを感じることは無かった…
たぶん開発者の設定なのだと思う

この世界に暑さというステータスがあれば
この集会に来ている多くの着ぐるみ達が
熱中症により戦闘不可になっているに違いない

わたしも本当は見た目涼しく
5段階に脱げるドレアだったんだけど
チャットができないぐらい重くなる
参加者の数を前にやめておいた…
脱いでたら優勝していたかも…か…も…(なにが?


■ Part1:危険な行為


ギルドリーダー集合写真

わたしは潜入ミッションのスキルが高い
いや、それは冒険者として無名ということ

そんなわたしの持ち前のモブ感は
あらゆる場所でNPC同様の存在になり
姿を隠すことができている

この謎の集会ではあらゆるギルド(ブログ)の
リーダー(ブログ主)が集まっていて
その多くのリーダー達は人気を博していた

合言葉は「ブログミテマス」
わたしにはその合言葉でコンタクトしてくる人はなく
ただ静かに水平線をみて
人々の会話に耳を傾けていました…

「おい!火曜日22時からやってる酒場に
凄いやつらがあつまるぜ!
このお招きをやるから行ってみようぜ!」

集会に参加している客同士の会話だった
わたしはコッソリその客のインベントリから
お招きの翼を拝借してアイテムコピー
また何事もなかったかのようにインベントリに戻した
運営にバレたらBANされる危険な行為…
僧侶になる前に身につけた
生き残る為に手に入れたスキル…

わたしは先ほどコピーしたお招きの翼を使い
その酒場に行く事にした


■ Part2:地雷や本舗という酒場

酒場についた
22時からオープンというお店
オーナーはリアルの用事で珍しく遅刻と
Twitterに連絡があった

そんな店主に変わって
常連と思わしき冒険者が店番をしていた

ここで話題になっていたのは
次の大型アップデートのスキルの話
新職の話
そして例のダークエルフの話だった
すでにコスをしてくる本気度に
この店のすごさを感じた

わたしは怪しまれない様に
変装の魔法でどこにでもいる僧侶になったが
容積を間違えて大きなオーガになってしまった

「オーガで僧侶」
少し珍しい感じになってしまったが
他の店の客が怪しむことはなかった
ここでもわたしのモブ感(モブ力)は
遺憾無く発揮されたようだ


■ ロケ地紹介

そしてバージョンアップでは「万魔の塔」という
新しいマップが登場するらしい
すでにこの世界に忘れられた塔があると聞いた
それはどこまで先があるのかわからない
宇宙エレベーターの様な塔だと

興味が湧いた
もしかすると強くなる水を持ってる
話す猫がいるかもしれない

万魔の塔の前にこの塔に行ってみる事にした
ギルド本部に連絡をとり
この酒場にすぐに動けるエージェントを3名要請した


わたしは軽く高揚感を覚えながら
3名の到着を待った


■ Part3:KARIN塔

機密事項になるので場所は教えられない
きっとみなさんが忘れ去った
あの地にあるとだけ伝えておこう

倒壊寸前なのか鎖で補強されており
これを無事に100階までたどり着くのは
むすがしいかもしれない
なぜ100階?
雲の上まであってその先がわからないから
どこまでもあるその塔の頂きは
サービス終了まで誰もたどり着けないとさえ
言われているみたい

わたし達はまずは20階を目指す事にした


■ Part4:本部のよこしたエージェント


え?3人?
1人は写真に写ると魂が抜ける
肴はあかんとどこかの原住民のようでした

集まったのは
バト・僧侶・バドの3人
ごめん!濁点はネタです

右から
・エージェント:M
・わたし
・エージェント:K
・写真で見えないエージェント:T



わたしはプリーストのカフェのオーナーにも関わらず
ここでは賢者をしている
理由は簡単「スキルの位置替えが面倒だから」
最初はきちんと入れ替えていたけど
登るたびにその位置を変えるのは
あまりに時間と手間がかかり
一緒に登る冒険者を待たせるから

おっと!いけない独り言…
はじめて登るはずなのに
思わずデジャヴしてしまったみたい



■ Part5:レベル1になる魔塔


塔の中は異世界なのか
外から持ってきた装備は全てなく
だれか親切な方が預かってくれたらしい
帰りにクロークに寄ることなく元どおりに
ん?だれに言ってる?
独り言だよ…


■ Part6:おかしな格好


ここで手に入れた装備を着て戦う事になるけど
見た目のひどさに耐えられないメンバーから
マイドレア魔法で見た目をごまかすようになり
余計な時間とMPを消費してしまっていた

私たちはいつのまにか
地上では決して見ることのできない
不思議なアクセサリーを出す
この赤いガラス板に夢中に
いや虜になっていた

決して持って帰れないのに…

その決して地上には持ち帰れない
魔のアクセサリーに夢中になるばかり…
ここでレベル50になった冒険者も多く
そのまま帰らなかった者も居たそうだ

きっとあの冒険者も
HP80あがるビーナスの涙と共に…
15階から19階を徘徊するとの噂だけど
もう1年近く音信不通だ…
緑色に太陽が光る時だけ
帰ってこれるのかもしれない…



■ Part7:9階の青骨ニーソコレクター


わたし達は10階のボスを死闘の上倒した
そして、多くの冒険者の垂涎の的である
『ゴシックニーソ』を手に入れた
嘘ですからね




■ Part8:19階の悪鬼フリルマニア


19階のボスを倒し三種の神器の最期の1つ
『ゴシックフリル』を手に入れた
しつこいですが嘘ですからね

5,000メートルを超える高地でのバトル
その薄い酸素濃度という設定から
頭痛を伴う高山病を発症した肴
残念ながら今の私たちの実力では
21階以上に行く実力はないと判断し
断腸の思いで引き返す事にした


50階には伝説の鉄パンと呼ばれる
カラー変更可能なゴシックフリルが存在するという


残念ながら次のアタックの機会を得る為
資金集めをする事にする



■ オガ子の魅力


あらゆるステータスがあがると
フレンドのフレンドの
チームメンバーの知り合いが言っているという
伝説の装備を着てみた
白箱のドロップ率アップ
ふくびきの当選率アップ
信じられない効果が本当にあるかどうか
続報を待て!


ある冒険者からのリクエスト
依頼料の振込口座は
オルフェア銀行
フラワーガーデン支店
普通9966-5


⚠️この話はフィクションです⚠️



いつもpriest cafe
ご来店ありがとうございます



■応援よろしくお願いします


ドラゴンクエストXランキング

微力ながら
僧侶を通じてドラクエ10を盛り上げたい
だから少しでも多くの方に読んで頂けたらと
ブログランキングに復帰しました
応援よろしくお願いします




■ priest cafeのお店の場所 ■

オルフェア住宅地
フラワーガーデン地区
9966丁目5番地です

Priest Cafeのページは
株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております
当該画像の転載・配布は禁止致します
(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.