Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

ドラクエ物語「雪解け(前編)」


いらっしゃいませ
priest cafeにご来店ありがとうございます

よくコメントを頂ける方と
ドラクエ内のpriest cafeのお店でばったりあって
フレンドになって交友が深まる事あります

普段からコメント頂いてるので
どんな方かもわかるからという事もあるのですが

何よりドラクエの中で
お会いできる事が嬉しいです



でもこの方の場合は違ってました

これはあるpriest cafeのお客様とのお話です
喧嘩別れから約2年半
priest cafeのブログによって仲直りした話です

ご本人のご許可も得て書くことしました
priest cafeオープンです



■ プロローグ


これはわたしが入院する前の話です
わたしは入院時のある事がきっかけで
記憶がめちゃくちゃになってる箇所もあり
入院前の記憶が曖昧なところもあります

大喧嘩をして喧嘩別れしてるから
写真も消していて手紙も消していて
思い出す目次が少ないのですが
思い出しつつ筆をとってます



■ Part1:いまから3年前

  • バージョンは3.4後期
  • コインボスにSジェネラルが登場
  • アストルティア学園が開校した年

とても仲良しのフレンドさんができました
知り合ったきっかけは
固定パーティのリーダーが
ダークキングで選んだ方だったか
その逆だったか…
少し出逢いについては曖昧な記憶です


このお話の主人公のJさんは
プクリポ♂の愉快な道具使いさんでした
前衛の戦士さんMさんを連れていたはず

僧侶のわたしを気に入ってくたのか
バトルが終わったときに
フレンドになってました






■ Part2:チームリーダー


Jさんとはちょくちょく遊ぶようになってました

よくダークキングに誘われました
今思うと僧侶が欲しかったのかなと
少し意地悪な考えもできるのですが
固定以外で遊べるのが嬉しい事もあって
よく遊んでました

徐々に仲良くなっていきました
Jさんは必ず誰かを連れてきてました

バトルを教えてる風な感じでした
慣れてない感じはしましたが
チャット上手のJさんの人柄や
アイテムを惜しげもなく使う道具さんで
上手な事もあり楽しく遊んでました

ある日イベントに誘われて行ってみると
Jさんのチームのイベントでした

そんなJさんはチームリーダーとして
チームメンバーさんに慕われているのが
とてもよく分かりました

メンバーさんはみんな手の込んだ
お揃いのドレアをイベント用に用意していたり
そのメンバーさんの話ぶりからも
チームリーダーさんへの愛情に溢れてました

そんな仲良しさは
オルフェア住宅街トゥーンのある番地が
このチームの皆さんだけの街だったり
これこそ今話題のマイタウンのはしりかもしれない

今でも変わらずそうなのは
本当にみんな仲良しだから

タイトルの写真はそこで撮った写真です





■ Part3:依存していく居心地の良さ


Jさんの面倒見の良さは
本当にすごいなと思いました
チームがアマゾネス化してる理由もわからなくもなく


なんどかチームに入るか悩んだ事もありましたが
1年以上誘われて入った今のチームを
やめる不義理もしたくなくてはいりませんでした
後にブログランキングやめるほど闇落ちする原因になるとは
この時には思いもよらず…

チームの皆さんととても良い方ばかりで
部外者ながら居心地の良さを感じてました

チーム ⏪Jさん⏩わたし

Jさんを介して(一定の距離がありつつも)
少しずつチームの皆さんと仲良くなっていきました

そしてダークキングで一度
自身の固定を解散したわたしは
独りぼっちになったことから
よりこのコミュニティーにはまっていく事に…

2017年12月の事でした

--------------------続く



いつもpriest cafe
ご来店ありがとうございます



☕️絵葉書・お手紙・スラチャはこちら

※基本的にお手紙は非公開にしておりますが
もしも掲載してもいいよというお手紙は
お手数ですがその旨ご記載頂けると助かります
一言「掲載可」だけで大丈夫です
よろしくお願いします

↘️↘️↘️
■ priest cafeのお店の場所 ■

オルフェア住宅地
フラワーガーデン地区
9966丁目5番地です

Priest Cafeのページは
株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております
当該画像の転載・配布は禁止致します
(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.