Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

覚醒プスゴンで常闇僧侶の訓練




そろそろ僧侶の仕事着の帽子もリニューアル?

いらっしゃいませ。
今日もご来店ありがとうございます。

ストーリーが追加されると
priest cafeの役に立てる僧侶は、
全員フレンドさんところに出張してますので、
今日はお留守番の赤僧侶です(かわいそうな赤


そんなアプデの時こそ、通常営業のpriest cafeです。
え?新しいネタ苦手だからでしょ?

自分で触って見て試して見て、失敗してから反省して
それからメニューにするのでかなり時間かかります。

でも、アプデ嬉しいから
店番をしながら、職人経験値あげるかな?とか
カテドラルセットでブレス100かぁ〜と思いつつ
新しい記事は、先輩のみなさまの記事が
色々あるのでわたしもみとこ・・・





銀の店員の仕事着コーデ
やっぱりこっちの方が好きかな・・
でも、気になるので安いの買って試して見ます
メモ:カテドラル帽子を試着




せっかく1週間前に巨匠のサンダルを作って
見事に星2で新品履いてるわたしは?
情報弱者?だけどいいんです!

欲しい時が買い時です・・・・ぐすん。

賢哲の白箱が無駄にならないだけ良し!
え?無駄になってても平気でしょ?
これは、スライムエンペラーとの闘いなので
新しいとか古いとかもはや関係ないかも。
使わない移動速度9%なんてもらって、
さらにやる気出たかも。



あ!話を戻しますね。

今日は、わたしがしていた
僧侶の訓練をお届けします。
※え?日課でないの?日課していて気がつきました


f:id:neithia:20180901175904p:plain
実は、プスゴンで常闇や聖守護者の練習ができます。



何を訓練するの?
・タゲ
・タゲによる行動選択
・バフがけ(キラポン、聖女)
・後出しジャンケン

適当に酒場でバトさんを3人借りて
作戦は「ガンガンいこう」←これ大事
強戦士の書で、「覚醒プスゴン」を選んで訓練開始です。

■ポイント
1.最初のタゲを見極める
2.怒りの時の行動(タゲ下がり、割り込みバフがけ)
3.誰かが痛恨で死んだ時の行動
4.キラポン、聖女のタイミング
5.ターンをそれでも貯める

↑こんな訓練ができます。


1つづつ解説していきますね。

■1.最初のタゲを見極める


これをパッとみて
これで右から二番目の黒い子がタゲとわかれば
タゲ判断合格です。
やってるとわかるようになってきました。
この前衛さん二人の微妙な差でもわかるようになると
すごく色々楽になります。
でも、完全に重なってるとわかりません・・・


開幕、向き合った時にプスゴンが誰をみているかが
わかれば(それがタゲの見極めるになります)
プスゴンの顔の向きを見ると、
誰をみているかわかります。
これが、タゲ(ターゲット)です。
プスゴンは、タゲまで近づいて攻撃しますので
タゲだと思ったキャラクターが、正解かどうか
確認します。

それと、
タゲが途中で変わる事もここでわかると思います。
最初に見ていたタゲから、他の人を見るようになって
タゲが変わったりすることもここでわかります。



■2.怒りの時の行動
f:id:neithia:20180901180010p:plain
※自分が怒りをもらって前衛にプスゴンをひっかけられない場合はこうなります・・・Game over

まだ見習いピンクは、
プリースト・キュアに変身できません・・・
こういう気の毒な登場しかないのかな・・

そろそろキュアセット作ってあげるかな

メモ:赤にもキュアセットつくる


プスゴンが怒ると怖いことがおこります。

「み」と痛恨です。

僧侶(後衛)の自分が怒りの対象(タゲ)なら、
前衛さんにプスゴンを引っ掛けてから
タゲ下がりの練習をします。

タゲが前衛の場合は、
魅了する攻撃をしてくる可能性が高くなる気がしますので
キラポンと聖女をそのタゲの前衛さんに優先します。
※自分を含め他の前衛さんのHPが1でも無視です。

キラポンと聖女は、どちらが優先かというと
ちょっと悩ましいですが、わたしはキラポンです。


前衛さんは、
怒りプスの痛恨で死ぬか魅了されるか二択になる事多いです。

この特訓でプスゴンの痛恨以外で死んでしまう事は、
バトさんが魅了されて殺されるケースがほとんどです。

聖女は即発動でまにあいますが、
魅了だとキラポン間に合わない事多いです。


わたしは、魅了解除のために
ツッコミ空振り、スティック空振り怖いから
キラポンすることが多いかもしれません。
それとキラポンして即バトさんが痛恨で死んだとしても、
素直に諦めます。

ターンあれば、すぐに蘇生したりもできるし、
それに、他の前衛さんもいるので慌てることないかな。
※もちろん状況にもよりますけど
もう一人人が居るなら間違いなく聖女なんですけどね
自分が死ぬリスクは、バド痛恨落ち後の自身タゲより
魅了されたバドの痛恨の方が高いと思ってます。
天使してたら聖女かもだけど、
開幕からだいたいバタバタして
天使なんてしてる暇ないのがこの特訓です。

・・・すごく分かりにくい説明ですみません!


■3.誰かが痛恨で死んだ時の行動


置きザオ(イメージ)
※この子なら攻撃のあたるだいぶ前から詠唱する必要あり

自分は開幕に会心ガードをしておいて
更新には気をつけるようにしておきますが、
前衛の誰かはだいだい、痛恨で死ぬことになります。

※バトさん3人を借りた理由はここにあって
魅了付きのバトさんはあまりお見かけしないのと
戦士と違って、
プスゴンの痛恨で死ぬことが訓練で大切だからです。

痛恨ですぐに死んだ前衛を即蘇生する
→タゲがそのまま死んだ人に残すこともできます。
※これが、実は聖守護者のレギローの訓練にもなります
置きザオできれば、タゲが残ることを体感できます。
他にタゲが行くなら置きザオが遅いということです。

→タゲが移ってしまった場合
すぐに蘇生に行けず、タゲが移ったと思ったら
すぐに死んだ前衛を蘇生させず、
誰にタゲが行くのかを観察します。

でも!自分(後衛の僧侶)の可能性もあるので、
もしも自分がタゲになっても大丈夫な様に
前衛さんを一人プスゴンとのあいだに挟む位置
サッと移動しておきます。

自身タゲでなく、タゲの人に聖女があれば、
蘇生行動します。

メイヴやダークキングなど常闇での
敵の動きを見てから行動の練習です。


■4.キラポン、聖女のタイミング
プスゴンはほんとに攻撃力もあって、
バトさん3人だとほんとにバタバタします。

そんな中で、死なせない様に聖女を維持しつつ
キラポンしていくのは、結構大変です。
隙を見ながら早めに聖女とキラポンを完成させる
また、それを剥がされてなど、とても練習になります。

ポイントは、怒りをとタゲの使い方というか
死なせないこと優先で聖女をしながらすると
常闇メイヴの練習になります。
聖女優先しつつキラポンってほんとこれかなと。
そのバランスとかバタバタ感とか似てます。
プスゴンで自信を持って捌けるようになると
メイヴもきっと楽になりますよ。



■5.ターンをそれでも貯める(ラリーの練習)


珍しい?赤の活躍シーン

作戦を『ガンガンいこう』にしたのは、
バッチリだと、ロストアタックしてしまうからです。

ロストアタックは、本来なら後衛としては
してくれた方が嬉しいのですが、
(※もちろん相手にもよりますけど)
訓練では、あえて忙しくするために
ロストアタックしないようにします。

プスゴンが怒るとこういうことになります。
よくあるパターン↓


プスゴン前衛さんAに怒り

怒りで叩かれた前衛A

聖女はのこるがHPオレンジ

回復をさせる

痛恨でHP1になる(また叩かれてHPオレンジ)

ターンが足りずそのまま叩かれて死ぬ

こういう時に、怒り=他に攻撃来ないので、
どれだけ前衛さんを守れるか
自分のターン次第だったりします。

プスゴンの怒りが取れるまで、
バトAさんを守るラリーできたら合格です。

回復→聖女→回復→回復→聖女→回復→回復

とかです。
詠唱速度も大切です。

HP1の時に先に回復→聖女
とするより
聖女→回復
というパターンの方が、
詠唱速度によっては、聖女の効果確定より
間に合うこともあってオススメです。
ただし、回復を先にすると、
ロザリオも発動するので、ケースバイケースかなと
※この判断は感覚でしていて説明しにくくてすみません。
聖女の発動が早いからできる事ですが・・・


■最初は
最初は、サポ僧侶1とバト2、自分僧侶で初めてから
自分僧侶のバト3を綺麗にまわせるようになれば、
僧侶として少し変われるかも。

覚醒プスゴンで、
常闇と聖守護者の練習ができるという話しでした。
何度も練習しても誰にも迷惑かけないのと、
気楽なのがいいかなと思ってます。


最近のサポさんは強すぎるので、
「ガンガン」のサポバト2+自分でもいいかもしれません。

何がこの特訓の良いところ?
正解がはっきりしないことをモヤモヤ悩んで
模索できる事かもしれません。



その頃、銀は・・・
特訓しない職で特訓中?



◼️明日のメニュー ◼️※priest cafeは、毎日0:00更新です
完全にみなぎったわ!写真館
〜なんかやってくれそうな感じがします〜

をお届けします。

気に入って頂けたらクリック頂けたら嬉しいです。
応援よろしくお願い致します。
▽ ↓ ▽ ↓ ▽ ↓ ▽ ↓


ドラゴンクエストXランキング

Priest Cafeのページは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止致します。
(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.