Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

ガルドン3デスマス立ち回り


いらっしゃいませ
priest cafeにようこそ
いつもありがとうございます


今日はデスマスター
僧侶のわたしがやってみて理解した事
僧侶からデスマスターになった時に
どの辺りに気をつけたのか?などを
お伝えできればなと思います


魔法戦士もしてみたのですが
僧侶向きなのはデスマスターかなと



賢者さん
上級な魔法使いさん(動ける魔法)の雰囲気があり
そのうちしてみたいのですが
装備のハードルが高そうだなと…



そのうちやってみます



priest cafeオープンです





■ 討伐したメニュー


動画を何度もみて反省しました
恥ずかしいミスもしている動画ですが
逆にそれが良かったなと思いました




デスマスター呪文発動速度が命




ガルドドンにおける
デスマスターの1番大切な仕事は
ザオラルをいかに早くする事なので
呪文発動速度はとても大切だと思いました

わたしは

ワルキューレ20%+5%(基礎値)
21%
ソポスセット効果2%
ザオラル宝珠15%+3%(飾り石)

合計66%呪文発動速度でした
早読みが無くてもザオラル早いです



ザオザオラル

これは魔法戦士さんの好みにもよります
聖女が発動するタイプの
魔法戦士さん魔法戦士さん
その良さを痛感してます
初討伐さて頂いた魔法戦士さんは聖女型でした

ただしデメリットもあるなと
ガルドドンの通常攻撃では生き残り
1ターン得しますが
おぞましいおたけび
魔法戦士さんが吹っ飛んで生きてる時に
次のタゲがどこに行くのか?
あの緊張感のある瞬間は困る時があります
上手な魔法戦士さん
聖女を使いこなしてますが
普通は聖女が無い方がデスマスター的には楽でした
一緒に討伐した魔法戦士さん上手すぎです💦





わたしとしては…




ザオラルザオはどうかというと

動画を見直しても
急いでコマンドを選ばないといけないので
ザオラル固定のまま
マヒャデドスすら1発も撃たないで
ガルドドン3を倒してます

デスマスター
火力貢献は少なからずありますが
ミスを減らす事こそ大切なのかなとおもいます
最初の頃はザオザオラルを使い分けてましたが

後半の竜巻が出てくると
ザオ蘇生すると竜巻に吸い込まれると
生き残れなくなりますので
ザオラル1本に絞りました
タイミングを覚えてしまえば
ザオ範囲の範囲攻撃でも素早くザオラルできます
実際討伐した時も一度もザオは使ってません
野良だとザオしてください!と言われたりもするので
宝珠だけは入れておくようにしましたが
本当は外したいなと思ってます

ザオザオラルの範囲の違いの説明






攻撃があるのがデスマスター

僧侶と違い
デスマスターは頑張って攻撃もしないもいけなく
後衛ではなく中衛という立場なので
状況に応じて「攻撃」「守備」
見極める必要がありました



わたしが苦手なのは攻撃関係だなと
改めて思いました
様子見しすぎました




攻撃関係1:ゴースト


詠唱?に少し時間のかかるので
なかなかパッと出すのは躊躇しました
僧侶には慣れない事でしたが
天地も少ししてたのでカカロンみたいな感じでした
出し忘れがあるとその分ダメージが減るので
きちんと出しておくと
ガルドドン攻撃にゴーストが巻き込まれて死んで
デスパワーがたまりますので
頑張って出してましたが
2匹いるのか1匹なのか?
表示が出ないので目視なのが大変でした

1匹の時はサクリファイスで爆発してもらって
ゲージを1つ貯めるようにしてました





攻撃関係2ハデスの宴


これは強かったので隙あらば使ってました
HPも回復するので聖女が発動しているときは
早く使いたいなと思ってました





攻撃関係3マヒャデドス

使いませんでした(今後の課題かな…
フォースブレイク中に暇があれば
した方が良いのですが
この討伐した回では使いませんでした
というか使えませんでした💦
ハデスの宴と同じタイミングで使えば良いのですが
あまり使わなかったのは
じゅもんを「ザオラル固定」にしておくことで
蘇生の時ミスしたくないからでした





攻撃関係4呪詛大呪詛


これも苦手でした
とにかく遅いのでじれったいなと…
大呪詛はさらに長いので
するタイミングはかなり限定してました
自分がタゲで無くて
ザオラル待機できる時間が確保できるターンがある時



呪詛は最大射程からなら追いつかれないよと
教えていただいたので
射程の余裕をみて後ろに下がってから
自動で動いて吸うところを意識しました
これがゴーストではなくて
自分自身の主力の攻撃だと知ったので
頑張ってするようにしました





■ わたしの中の優先順位

ザオラルハデスの宴>ゴースト召喚>呪詛大呪詛
という優先順位でした

ザオラル何を置いても最優先
やる事を減らして精度を上げてる感じです
ミスを減らすという意味もあります






■ コマンドをキャンセルする

前回のガルドドン3時間切れの時は
本当に様子見が多かったです
待ってコマンドを選ぶより
コマンドを選んで攻撃頑張ってみて
ダメ!っと思ったらキャンセルして
蘇生に走る感じにしました

一度は攻撃をしすぎて蘇生
遅くなってりしたのでここは注意しました
ノーキンデスマスターになってました



■ カメラを見回す


竜巻が発生した時
・範囲攻撃が味方に来た時
カメラを素早く回して確認してました




■ 見せ場であり緊張の瞬間

反魂の秘術は見せ場ではありますが
複数人死んでいる状況なので
その効果範囲や素早く正確に
コマンドを入れないといけないという
緊張の瞬間でもあります




ガルドドンとの距離感(立ち位置)


実はこれはわたしはまだまだできてないなと
ルネッサンステッキの距離に慣れてしまった弊害です
ザオラル出来ると思う間合いが
実は少し自動で歩いてから
ザオラル詠唱に入ることが多いのはその為です
そのわずか1秒以内の事ですが
基本的な立ち位置を
あと少し前に矯正しないと
最短でザオラルできないと思いました
ルネッサンステッキ便利だけど
こんなところに弊害がでてくるとは
思いもよりませんでした💦





■ 特に意識した軸


ガルドドン竜巻を出す時
急襲ジャンプをする時

この2つの場合にこちら側の陣形を崩されて
再度陣形を整える時が一番危険です
その為
魔法戦士さんの真後ろを特に意識して
移動をして軸を合わせてました




■ そんな初討伐の動画




■ まとめ

僧侶をしていたら楽なのは蘇生関係です
ここはすぐになれました

ただ魔法戦士さんとの立ち位置は
ルネッサンステッキ分補正が必要でした

デスマスターには
攻撃手段がたくさんあるのですが
そこに馴染むのにはわたしは時間がかかりました

やってみておもったのは
必殺の時は演出のカメラになって
特に見えなくなるので
怖くて仕方ありませんでした


ジゴデインの時は本当に怖いですので
上着で雷28%あるなら
雷100にしたいなと思いました
高くて買えませんが

デス=死

という言葉から
敬遠していたデスマスターですが
ガルドドンデスマスターは楽しかったです
やると決めて職業クエストから始めてみて
本当に良かったです





装備も次回ご紹介させて頂きますね🤗


ありがとうございました



■ 装備のメニュー


応援ありがとうございます

お客様のクリックが励みになります🤗
応援よろしくお願いします

人気ブログランキング 応援ボタン



僧侶ねぃをクリックしてね
いつも応援ありがとうございます

Priest Cafeのページは
株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております
当該画像の転載・配布は禁止致します
(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.