Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

(2)僧侶が絶滅した世界


いらっしゃいませ
priest cafeにようこそ



前回お届けしたドラクエ物語


『僧侶が絶滅した世界』


この世界で1人の僧侶
その戦乱の渦に巻き込まれていく姿をお届けします


歴史のpriest cafeオープンです




■ 前回のお話




■ Part8:僧侶国滅亡の日


かつては栄華を極めた僧侶国
良き隣人だと思っていた
賢者国と旅芸人国
その両国が同盟を結び
僧侶国に対して宣戦布告してきたのだった


平和だと思っていた日常は
簡単に打ち砕かれる事になる
平和に身を任せていた僧侶達
密かに軍事鍛錬を繰り返してきた二国に
新兵器だけでなく
兵士の質においても劣っている事が
白日の元にさらされることになる


両国はそれを見てさらに勢い付き
広大だった国土はどんどんと侵略され
戦功として割譲されていった


緩衝国として旅芸人国と僧侶国の間に
親旅芸人国のスパ国の誕生もこの頃だった
流浪の民であったスパ人として
悲願の自国の誕生だった



■ Part9:黒き術者


両親を亡くしてから何年が経っただろう
一人前の僧侶としての証
司祭のぼうしを頂いてもうすぐ2年になる
立派な僧侶になるために
今日も祈りを欠かさない
祈りを切らした僧侶はパーティにおいて
その信仰心が疑われるから


わたしは
憧れの『聖者のぼうし』を
頭にかぶる日を夢見ていた



そんなある日のことだった
戦火は激化の一途を辿り
最終防衛線である三門要塞が陥落したと
法王様より聞いた
もう敵はそこまで迫ってきているんだと
わたしは更に祈りを捧げた


一介の僧侶であるわたしは
僧侶国の首都にあるグランゼーラの教会で
平和を願い今日も祈りを捧げていた


突然
大きな音と共に入口のドアが開け放たれ
黒装束に身を包んだ術者が入ってきた


何かを詠唱すると
黒い霧が辺りに立ち込め
矢のようになったかと思うと
大切なパイプオルガンを破壊したのだった


避難する私たちを前に
目が赤く光る黒いゴーストが現れた


「モンスターが街に?」


わたしは術者に従って動くそのゴーストをみて
その黒装束の術者が召喚したものだと悟った


そのゴーストは
身体を赤く色を変えたかと思うと
黒装束の術者の号令で
イオグランデを放ったのだった


目の前で崩れていく教会を前に
わたしは立ちすくむしかなかった


首都で軍事クーデターが起こった事
そして黒装束の術者をデスマスターと呼ぶと
わたしは後から知る事になる


そしてこの教会を破壊した術者こそ
後にデスマスター国の皇帝となり
自身を『死神』と名乗る者だと知る





わたしは帰るべき所を失った




黒装束の軍団に追い立てられるように
祖国を脱出する事になった






■ Part10:亡命


わたしは隣国に誕生した
スパ国に逃げ込んだ


この新興国には僧侶国からの難民も多くおり
僧侶国の軍服である僧侶服に身を包んでいても
違和感なく溶け込む事が出来た


このままでは
旅芸人国の僧侶国狩りに合うといけないので
この国に馴染む服装を探した


わたしは御守りとして
肌身離さず持ち歩いていた
金のロザリオをお店に売って
服を買う事にした


伝承こそ致死だったが
しゅび5埋めのロザリオは安く買い叩かれた
信仰心は心のものと
今は生き残る事を必死で考えた


この国では合法的にキラポンができるので
モーモンステックも買った


大切にしていたラクリマタクトは
教会が爆破され慌てて逃げた際に
中に置いてきてしまっていた…


わたしのお給金を貯めて…貯めて…買った
大切なスティックだった
初めて呪文発動速度最大値だった


無いとわかった時は
心に大きな穴が開いたようだった
それ以外の理由もあったけど…




■ Part11:献身隊ボディーガードとして


わたしはスパ国軍に自ら志願した


わたしから帰るべき所を奪った
あの黒装束の術者が許せなかった


わたしは
第29ボディーガード師団に配属された


この部隊は最前線で戦う術者を
身を呈して守る部隊
わたしが売ったロザリオのお金が
その度に支給された


何度か派兵された後
わたしは自分の売ったロザリオを
5倍の値段で買い戻した


旅芸人国として僧侶国との戦争終結を目前に
旅芸人国の本国内は歓喜に満ちていた


しかし…
突如現れたデスマスター国が
圧倒的な軍事力をで迫ってきたのだった


デスマスター国の侵攻にともない
急激に後退してくる戦線
僧侶国から奪った
スパ国全土を失うことになった


わたしは旅芸人国に逃げ込む事になった


そして…
スパ国はデスマスター国に併合され
世界地図から消滅した


デスマスター国によって
鎌を与えられた元スパ軍隊は再編成され
旅芸人国に侵攻を開始したのだった


時を同じくして
賢者国は旅芸人国との同盟を破棄
旅芸人国の侵略を開始したのだった
激化するデスマスター国との闘いの為
旅芸人国の資源の略取が目的だった


目の前のデスマスター帝国軍
そして裏切りの賢者国
旅芸人国がサポ軍隊としての地位に
落ちる日も近かった


混沌は混沌を呼び
その混沌が混沌を産み出していた世界の話
世界は救世主(アップデート)を求めていた



To be continued?



■ エピローグ

…また夢


僧侶による
僧侶国の復国の願いは
神に届くのでしょうか?


応援ありがとうございます

お客様のクリックが励みになります🤗
応援よろしくお願いします

人気ブログランキング 応援ボタン



僧侶ねぃをクリックしてね
いつも応援ありがとうございます

■ 続きのメニュー

Priest Cafeのページは
株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております
当該画像の転載・配布は禁止致します
(C)2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.