Priest Cafe(プリースト・カフェ)

ドラクエ10僧侶5キャラ店主の冒険記録です。装備・能力・特徴の違う僧侶で冒険しています

バイオハザード RE:2風【priest cafe RE:2】

priest cafe へようこそ・・・








エテーネの95%が死滅したネルゲルハザードから7年

運悪くカフェの大型冷蔵庫に閉じ込められて
外に出たら多くのエテーネ達が死滅していた

大都市にはブォーガーと呼ばれる歩く死人が溢れかえり
わたしはこの裏田舎に逃れてきた

アライブ【課金者】を求め旅をしている
旅先で得た最後の望み


そう…

最後の楽園ガタラを目指して・・・







■ 約束の地ガタラに


わたしは
傘社の地下研究施設を発見した

外観から推測すると
地下に広がる研究施設のようだ
真ん中に入り口らしきものがあり
その周りはコンクリートの床面が
広がるだけになっている

地雷原か
赤外線センサーか
侵入を容易く許す雰囲気ではないのは
見てすぐわかった





入り口にはポツンと
顔認証システムが配置されていた
その機能は果たしていないようだった

カモフラージュだろうか?
矢印付きのバルーンの様なものが浮いているが
侵入者は間違いなく生きては出られないであろう





わたしは
あらゆるトラップをくぐり抜けて
ようやく入り口にたどり着く事が出来た
トラマナミストもなく
満身創痍
もうダメかもしれない
残りのMPもあとわずか
もう引き返すだけの小瓶も残されていない
福引ででた小瓶を店売りしていた自分を
こんなに嘆いたことはない

もしかすると中に傘社の備品が残ってるかもしれない
施設内にモーモソバザーがあれば良いのだか





わたしは
研究施設内部に侵入した
入り口には
研究員用のロッカーがあった
ここらか研究に必要なものを
取り出しているのだろうか

青いコウモリ端末
緑のコウモリ端末
赤いコウモリ端末


浮遊する3つのコウモリを見つけ
内容を確認してみることにした








青いコウモリ端末のパスワードは
すぐに解除できた

だれかここで働いていた博士のメモの様だ
植物・・・
実験・・論文
追い詰められた様子がうかがえる

ブログの更新も大変だからよくわかる
博士号が剥奪されるとログインできなくなるらしい

RMTに手を出してしまうのは
こういう時なのかもしれない




残念ながら赤いコウモリ端末
緑のコウモリ端末のパスワードは
解除できなかった






さらに地下につながる階段をおり
施設の深部に入っていく
どうやら監視カメラで見られているようだ
わたしの目線の先には
ボディースーツを期待する目があるような
そんな気がしてならない

気にしないでおくとしよう
今日は持ってきていないのだから








何に使うのかわからない機器というのは
どうして
こうも不気味にみえるのだろうか
床を何か電気のようなものが這っていて光っている
正面には何かを映し出した
有機ELの液晶が、並んでいる
中央に何かコンソールパネルがあるようだ






どうしてかここだけは古いコンピュータ端末がある

「ムキアウイスガヒトツモナイ」

かすれたキーボードの部分を適当に押していると
緑のコウモリ端末のパスワードが解除されたようだ






これは危なそうだ
「簡単なことですよ」と
この博士
業者に肩を叩かれたら
すぐに振り込んでしまいそうだ

結果BANされたレジェンドさんの様に
二度と帰らぬ人となるだろう

あれだけ勇敢なケツタイガーですら・・・
いまでも惜しい方を無くしたと思っている
はやまるなと
言ってやりたかった
死んだら終わりなんだから

ほんとバカなんだから・・・








宙に浮く培養装置が
不気味に光っている
何かを合成する装置のようだ
中には旬ではないイカが
今も生きているのが不思議なぐらい
元気に浮いている

餌はどうしているんだろうと
素朴な疑問が湧いたが
この世界に餌という概念はない
水槽に入れるか逃すか渡すだけだ






こちらにはタコ・・・

イカにタコときたら

粉物か?と思ったあなたは西

寿司か?と思った人は東だろうか


どーでもいい








ひときわ輝く水槽には
レッドアロワナ
・・・レッドアロワナ・・・
グルーブライン・・・
なるほど!そういう事なのね!

わたしは、全てを理解した
この研究施設の目的と博士の狙いが


「真実はいつもひとつ」


なんて小学生みたいなことは
言わない





わたしは
入り口にあった赤いコウモリ端末のパスワードを
理解していた。







イカタコレッドアロワナグルーブラインピストン











「バルス!」












「パスワードは解除されました」












博士はある境地に達したらしい
2015年からの研究結果によって
今はドラゴンの研究をしているのだろうか

狂気だ

植物魔物より
この絵葉書の写真を何から撮ったのかを
聞き出すことが
もう叶わないとわかったわたしは
絶望するしかなかった

いちごの汁も赤い


どーでもいい









わたしはしばらく
あの絵葉書は何で撮ったのかを
ここで2時間本当に考えていたが
インフルエンザになりそうだったので
研究施設を後にする決意をした








外はもう6時を過ぎ
日が昇りかけていた

ブログによって心に闇を生み出し
狂気の研究に没頭した博士は
今どこにいるのだろうか

この施設がレガシーとなって
長い月日が過ぎた・・・
バージョン5になって再び博士がもどるのを
研究施設の廃棄された生物が待っているだろう



わたしの心にも闇が近づいているのかもしれない


でも大丈夫
わたしにはpriest cafeがある


だいぶ水を開けられたが
スライムエンペラーを5万匹倒すまでは
この世界の終着点はないのだから


来る時 あれだけあった赤外線や
トラップや地雷は ありゃしない
毒の沼地さえ消えている


ゆけゆけpriest cafe店主 ゆけゆけ・・・
どんとゆけ‼︎



to be continued…









※ドラキーの写真たてのメッセージは原文ままです
※ここがウェルカムハウスでいいのだろうかと心配になりました










ドラゴンクエストXランキング

Priest Cafeのページは
株式会社スクウェア・エニックスを代表とする
共同著作者が権利を所有する画像を利用しております
当該画像の転載・配布は禁止致します
(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.